お問い合わせ

RESEARCH AND DEVELOPMENT

NAGAKENの研究開発・産学連携

社会環境における様々な課題について、NAGAKENでは産学連携をはじめとした、研究開発を積極的に取り組んでおります。
なかでも、一般社団法人NB研究所との連携により国家プロジェクトを支える先進技術の研究、日本福祉大学の学生達と
ニューノーマルな生活様式のひとつとして毎日つかう手洗い場、洗面台を対象に飛沫を抑制し、より衛生的な生活環境を提供する研究など、
将来にわたって公益に資する研究を進めております。その取り組みや、詳細についてご紹介いたします。

NB研究所連携プロジェクト

国家プロジェクトのキーデバイスを提供

NAGAKENと連携しているNB研究所では、天然鉱物を主体とした経験豊富な土木技術のスペシャリストたちが集まり研究開発および次代への技術の継承を目途に活動しております。その実績として、2011年に発災した東日本大震災に係る東京電力福島第一原子力発電所事故由来の放射能汚染対策としては、放射性セシウム汚染された廃棄物の隔離層、不透水性土壌層などにベントナイト砕石NB工法が広く活用され、国土交通省NETIS登録に至りました。近年では、廃棄物最終処分場遮水技術においてもハイグレードかつ安全性が極めて高い工法としてベントナイト砕石NB工法を採用する自治体、民間事業者からの御用命をいただいております。

研究部門では、信頼性の高いベントナイトの超長期的挙動について、足利大学西村友良研究室と共同研究「ベントナイト砕石NB工法の超長期的安定性に係る解析」を進めその成果をいち早く論文化、学会発表など通じその高い信頼性向上に努めております。
さらに、大きな使命である福島第一原子力発電所廃炉に係る研究については、小峯秀雄教授率いる早稲田大学創造理工学部社会環境工学科地盤工学研究室、東京大学鈴木俊一特任教授との共同研究により、独自に考案したNBC技術の評価、概念モデルから現場施工に至るまで包括的な研究を進めております。今後とも次代のために技術継承と品質の確保を目途とした体系的な研究開発、技術支援および普及活動に務めて参ります。

研究概要

目的
社会課題を研究対象
計画
国家プロジェクト参画、実用化
期間
2021~2030年
発表
土木学会、地盤工学会

参加者の声

一般社団法人NB研究所 理事長 中村 元三

強力な仲間としてNAGAKENさんとタッグを組んで国家プロジェクトや新規技術開発の中心メンバーとして活躍して頂いております。担当幹部の方々との研修や情報交換を進め実用化されたNB工法の担い手としても期待しております。

担当者の想い

NAGAKEN 執行役員 成島 誠一

国難とも言える福島第一原子力発電所廃炉対策やベントナイト砕石NB工法の改良などを進め当社のコアコンピタンスのひとつとしてお客様へお届け出来るようにしっかり取り組んで参ります。

⽇本福祉⼤学 村井裕樹研究室共同研究プロジェクト

なるだけうつさない、うつらない

ニューノーマルな生活様式になるだけうつさない、うつらない、生活環境が求められるようになりました。NAGAKENは、介護施設、保育園、子ども食堂などを通じて安心できる生活環境の提供を心がけて参りました。そこの中で、毎日つかう手洗い場、洗面台を対象に飛沫を抑制し、より衛生的な生活環境を提供する研究を日本福祉大学健康科学部福祉工学科建築バリアフリー専修村井裕樹研究室と共同研究に取り組んでいます。

学生達の自由な意匠デザイン、モックアップを製作し実験を重ねることで得られた定量的データを解析しエビデンスとし設計思想に取り入れ、生活環境向上の一助となる研究成果を提供して参ります。

研究概要

目的
ニューノーマル飛沫抑制型洗面台開発
計画
意匠デザイン、製品化
期間
2021~2023年
発表
日本福祉のまちづくり学会

参加者の声

日本福祉大学 健康科学部 福祉工学科
建築バリアフリー専修長 村井 裕樹 准教授

NAGAKENさんと共同研究として飛沫抑制型洗面台、ユニバーサルコネクティングルームなど研究テーマを学生達と取り組んでいます。大変有意義な研究となり研究を続けエビデンスにまとめ成果を提供したいと考えています。

担当者の想い

NAGAKEN 執行役員 成島 誠一

介護施設や保育所などに特化としたコロナ禍における感染予防を考慮した特許出願したことでNAGAKENの新たな技術として製品化を進めニューノーマル生活環境の向上に寄与して参ります。

NAGAKENの研究開発・産学連携のココがスゴイ 3つのポイント

お客様からの課題を俯瞰的にマネジメントし必要不可欠なコアコンピタンスは、
夢やあったらいいな、をお聞きし寄り添う支援をワンストップで提供します。

  • 自由な発想を特許出願の
    支援からお手伝いします。

    課題を解決するためには様々な発想が必要です。またそれをマネジメント出来る専門家が必要です。NAGAKENなら、豊富な実績と、経験豊かな総合技術監理部門の技術士が在籍しており、的確にアドバイスできます。

  • 信頼できる共同研究が
    提供できます。

    信頼できる共同研究は、学術学会での長年の活動、委員会幹部など歴任した信頼できる人脈形成が必要です。NAGAKENなら、東京大学、早稲田大学、足利大学、日本福祉大学など様々な専門分野のエキスパートと共同研究してきた研究開発のプロが責任をもって最適な連携を提供できます。

  • 発明から実用化までワンストッ
    プで研究開発をバックアップ。

    特許出願から構想、産学連携、技術における実験文献調査などエビデンス、プロト製作、原価算出、製品化までNAGAKENなら、アレンジャーとなり最適なパートナーとしてコンサルタントいたします。

  • Contact
    お問い合わせ

    他社でお断りされた難しいご相談も、一度お気軽にお声がけください。
    豊富なスペシャリストが所属するNAGAKENで、柔軟に対応させていただきます。

    MORE

  • Download
    資料ダウンロード

    NAGAKENの会社概要をはじめ、主要事業の豊富な実績集や、
    先端技術についての資料をダウンロードいただけます。

    MORE